創業から17年、ようやく「地域社会」に開かれた施設として、多くの人々のご支援に支えられ、共に歩むまでに成長したことを実感しております。

 ボランティアの方々は、年間1400名に達し、車いすダンス、ハワイアン演奏、吹奏楽、落語、マジック、コーラス等々のイベントは施設に文化の香りを届けてくれます。

 地域社会あっての施設、地域社会と共に歩む施設をゆるぎない基本テーマとして、これからも着実に前進してまいりますことをお誓い申し上げます。

理事長 松本信輔

 神奈川県西部地区における身体障害者福祉の核となる福祉施設が設置されていなかったことを踏まえ、常時介護を必要とする身体障害者の治療・養護・訓練を主体として、集団生活をとおし、自主性・自立性・協調性・社会性等を養い、その独立心を損なうことなく、利用者個々の特性に応じた適正な援助と、社会人として平等で自立した社会生活を行うことを目的として、平成11年8月4日に社会福祉法人県西福祉会は設立されました。

 

平成11年 8月  社会福祉法人 県西福祉会 法人設立

平成13年

 

4月

 

 身体障害者療護施設 足柄療護園 開設 (短期入所併設)
 身体障害者デイサービス 県西福祉会センター 開設
平成18年 10月

 障害福祉サービスへ事業移行 県西福祉センター

  〔生活介護・相談支援〕

平成19年 4月

 障害福祉サービスへ事業 県西福祉センターにおいて

  〔自立訓練(機能訓練)〕 開始

平成20年 4月

 障害者支援施設へ事業移行 足柄療護園

  〔施設入所支援・生活介護・短期入所〕

平成20年 7月

 障害福祉サービスへ事業 県西福祉センターにおいて

  〔就労継続支援B型〕 開始

平成22年 4月

 障害福祉サービス プレアデス 開設

  〔生活介護・就労継続支援B型・相談支援〕

 共同生活介護(ケアホーム) プレアデス 開設

 地域生活支援事業〔日中一時支援〕 プレアデス 事業開始

平成24年 4月

 障害福祉サービス 県西福祉センター 生活介護棟 開所

  〔生活介護 定員増 30名〕

 障害福祉サービス プレアデス福泉事業所 開所

  〔生活介護定員増(20名) 就労継続支援B型定員増(20名)〕

平成24年 7月

 共同生活介護(ケアホーム) プレアデスホーム いずみホーム(4名) 開設

平成25年 4月

 障害福祉サービス プレアデス福泉事業所 製造棟開設

  〔就労継続支援B型定員増(25名)〕

平成25年 7月

 働く障害者を応援するお店 「ふくらん」オープン

   

平成26年 4月

 共同生活援助(グループホーム) プレアデスホーム やまさきホーム

 シリウス(4名) リゲル(7名) 開設

平成27年 3月

 共同生活援助(グループホーム) プレアデスホーム やまさきホーム

 カペラ(7名) スピカ(7名) 開設

【使命】 Mission 

職員の情熱と地域社会の支持によって利用者安心の施設を目指します。

【経営理念】

 私達は、自らの使命を認識しながら、そこに辿り着くため、施設運営に当たっては、その基本理念を 自主・参加・安心 と定めます。

 私達の施設は、集団生活を避けることは出来ませんが、集団生活の故に発生しがちな「管理」「画一」「指示」「規制」を極力排し、利用者個々人の「自主性、主体性」を尊重し、当事者としての「参加」と「決定」を大切にしながら、家族ともども「安心感」のもてる生活の場を築きます。 

【経営方針書】 
ダウンロード
経営方針書H30【HP】.pdf
PDFファイル 4.5 MB

安心の提供  それは、利用者が安心して生活できる施設をめざすことです。そのために、事故や感染を未然に防ぎ、リスクマネジメント委員会によるリスクマネジメントを徹底するとともに、医療、介護、訓練、食事等、各部門の連携を今以上に強化していくことを全員で実現していきます。
人権の擁護  それは、利用者一人一人が持つ、それぞれのニーズを把握し、それに応えつづけることです。そのために、食事、レクリエーション、イベントや居室での過ごし方について、それぞれの嗜好やライフスタイルに合わせて生活できるよう、一人一人の求めるものに常に気を払うよう努力し、画一的ではないサービスの種類を少しずつでも増やしていきます。/span>
個別対応   それは、利用者一人一人が持つ、それぞれのニーズを把握し、それに応えつづけることです。そのために、食事、レクリエーション、イベントや居室での過ごし方について、それぞれの嗜好やライフスタイルに合わせて生活できるよう、一人一人の求めるものに常に気を払うよう努力し、画一的ではないサービスの種類を少しずつでも増やしていきます。
 自己啓発   それは、どんどん進化する専門技術や知識を習得することです。そのために、法人の立てた研修、勉強会に積極的に参加するだけではなく、自らもテーマを設定し、常に自己研鑽を忘れずに、職場の仲間とともに、お互いの成長を促進させていきます。

地域社会との

連携 

  それは、職員全員が南足柄市の市民の理解のもとに、積極的に地域との結びつきを強めていくことです。そのために、外出やイベントの実施、そして、会報の発行の際には、積極的に地域の人々との接点を持つよう工夫します。さらに、そこから聞こえる声に耳を傾け、不満やアドバイスについては、その改善に努めます。
利用者満足の実現  利用者ならびに家族を施設運営のパートナーとして緊密な協力関係を築くとともに、健康対策を重視し、充実した日常生活のための条件整備に努めます。
福祉プロ集団への進化

 医療、介護、訓練、食事等において、質の高いサービスの提供、支援のため、職員の能力の向上を図り、利用者の様々な求めに応えてまいります。

地域福祉の活性化   施設が地域の「財産」となるよう努めます。地域の風が吹き抜け、地域の人が集い、利用者と地域社会が融和し、一体となる施設づくりに努めます。

 県西福祉会では、法人や施設の活動状況をお知らせすることを目的に、年4回広報誌『やまぶき』を発行しています。利用者さんやご家族はもちろん、ボランティアさんや関係機関、取引業者等650部発行しています。

 こちらで、バックナンバーをダウンロードできるように用意しました。


やまぶき66号

発行:2018年7月

ダウンロード
やまぶき66 号.pdf
PDFファイル 1.3 MB

やまぶき65号

発行:2018年4月

ダウンロード
やまぶき65号春.pdf
PDFファイル 1.1 MB

やまぶき64号

発行:2018年1月

ダウンロード
やまぶき64号.pdf
PDFファイル 1.2 MB

やまぶき63号

発行:2017年11月

ダウンロード
やまぶき63号.pdf
PDFファイル 1.9 MB


やまぶき62号

発行:2017年9月

ダウンロード
やまぶき62号.pdf
PDFファイル 1.5 MB

やまぶき61号

発行:2017年4月

ダウンロード
やまぶき61号.pdf
PDFファイル 1.5 MB


やまぶき60号

発行:2017年1月

ダウンロード
やまぶき60号.pdf
PDFファイル 1.3 MB

やまぶき59号

発行:2016年11月

ダウンロード
やまぶき59号.pdf
PDFファイル 1.5 MB


やまぶき58号

発行:2016年7月

ダウンロード
やまぶき58号.pdf
PDFファイル 1.5 MB

やまぶき57号

発行:2016年4月

ダウンロード
やまぶき57号.pdf
PDFファイル 1.4 MB


やまぶき56号

発行:2016年1月

ダウンロード
やまぶき56号.pdf
PDFファイル 1.2 MB

やまぶき55号

発行:2015年11月

ダウンロード
やまぶき55号.pdf
PDFファイル 1.5 MB